2007年06月30日

GIDクリニック開設までの道程

先日来、市内の婦人科病院を中心に訪ね歩きましたが、
なかなか希望がかなわずバッド(下向き矢印)にいたところ、
偶然にも札幌医大関係者から「実はねぇー(長音記号1)」と。
それは埼玉医大や岡山大で実施ハートたち(複数ハート)されている
GIDの総合医療を札幌でも開始するexclamation×2という話でした。

そうしている間にも少しづつですぴかぴか(新しい)が、
同じ悩みを持つ知人も増えグッド(上向き矢印)
札幌医大が総合医療を開始するに当たって「当事者から生の声を聞きたいexclamation」と
いう場に参加することになりましたわーい(嬉しい顔)

通称名受診や通院カードの発行、利用トイレの問題ー(長音記号1)など
小さなことからですがあせあせ(飛び散る汗)
私たちの希望に沿う形でスタートを迎える準備が進められることとなりました手(チョキ)

以下、北海道新聞より引用しました。

性同一性障害治療専門窓口 札幌医大が開設 (北海道新聞 2003/12/02)
 心と体の性が一致しない性同一性障害を専門的に治療するため、札幌医大は一日、付属病院の神経精神科外来に「GID(ジェンダー・アイデンティティー・ディスオーダー=性同一性障害)クリニック」を開設した。性同一性障害の専門窓口としては埼玉医大、岡山大に続き、全国で三つ目となる。
 クリニックの窓口は神経精神科にあるが、診療は神経精神科のほか婦人科、泌尿器科、外科などの医師約三十人の診療チームが担当する。治療は《1》精神療法《2》ホルモン療法、乳房切除《3》性器の造成など性別適合手術−の三段階で、治療を進めるかどうかは、段階ごとに診療チームとは別の医師でつくる判定治療専門部会が合議で審査する。
 受診の際に記入する受付用紙には性別を記入しなくてもよく、会計や薬局での不快感を軽減するため、本名ではなく自分が感じる心の中の性に合った「通称」で受診できる。
 これまで同病院では、神経精神科などに性同一性障害の疑いがある患者約五十人が受診している。クリニック開設初日は事前に予約していた八人が受診した。
 完全予約制。受診希望者は月曜から金曜までの午後二時−四時に、神経精神科外来
(電)011・611・2111内線3533で受け付ける。


banner_02.gif
posted by 美咲 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。