2007年07月05日

そして、女性になりました

6月28日の日記本にも書いたように
時間時計は随分とかかりましたが、
やっと性別適合手術(以下、SRS)を受けることが出来ました揺れるハート
年齢的な問題ー(長音記号1)、地域的な問題ー(長音記号1)
さらには職場や家庭の問題ー(長音記号1)など山積する問題を一つずつ、
じっくりと、しかし、しっかりとー(長音記号1)クリアしていきました。
本人にとってはとても長かった時計ですが、
一般的なケースと比べると国内での正規治療病院としては
(今だから言えることですがあせあせ(飛び散る汗)
かなり順調だったように感じていますわーい(嬉しい顔)
ここに至るまでお世話になったー(長音記号2)
札幌医大のI先生、M先生、E先生には「感謝。感謝。」ですぴかぴか(新しい)
そして、陰で支えてくれた家族や友人・知人などー(長音記号1)
多くの方に感謝していますわーい(嬉しい顔)

今、私は女性として職場に(カムアウト済みで)復帰ペンをしています。
これがなかなかきついものバッド(下向き矢印)がありますが、
私の選んだ道ですから、気力で突き進むグッド(上向き矢印)しかありません。
幸いにも、周囲の理解を得られ決定
戸籍以外の部分では全て女性として扱ってもらっています揺れるハート

マスコミや「Anno Job Log」でも取り上げられました。

私の周りの同じ境遇の方の中にはー(長音記号1)
仕事に恵まれない(自認性で仕事が出来ない)方が多数いますもうやだ〜(悲しい顔)
それが現実なのですたらーっ(汗)
少しでも、社会での理解ひらめきが深まり、
GIDが普通に生きていける世の中になると嬉しいるんるんと思います。

私の周りには「活動」を通して理解を深めようexclamation
頑張っている方がいますがー(長音記号1)
自分自身の戸籍性トイレを表に出すことには、
強烈な抵抗を持つ人がほとんどですバッド(下向き矢印)
ですから、もしも周りに私のような者トイレがいたなら、
ごくごく普通にお付き合いしていただければとても嬉しく思いますぴかぴか(新しい)

今回を持って、私自身の医療的病院な投稿は
基本的exclamation&questionに最後にしたいと思いますわーい(嬉しい顔)

次回からはー(長音記号1)「性同一性障害そのもの」と「戸籍に関する問題点」
さらには「戸籍性を表に出して頑張っている方」などー(長音記号2)
取り上げたいと思っていますわーい(嬉しい顔)


banner_02.gif
posted by 美咲 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。