2007年07月06日

性同一性障害って・・・T

意外と知られているようで知られていませんもうやだ〜(悲しい顔)
逆説的ー(長音記号2)に言うと、
まだまだ医学的にはっきりとしない部分も多く医療従事者病院も、
実際の医療行為の中で勉強中という部分も多いのが実情ですわーい(嬉しい顔)

さて、性同一性障害exclamation&questionについて使われる言葉や勘違いの多い言葉を
いくつかご紹介したいと思いますわーい(嬉しい顔)

@性同一性障害(GID)・・・
医学的(WHO)には精神疾患とされていますがー(長音記号1)
胎児期のホルモンシャワーによる脳障害説などー(長音記号1)もあり
まだまだはっきりとしていませんあせあせ(飛び散る汗)
ただ、はっきりしているのは性自認トイレ(自己認識の性)と
性嗜好ハートたち(複数ハート)(好きになる性別)は必ずしも一致はしないので
「同性愛」とは異なりますわーい(嬉しい顔)
AFTM・MTF・・・
誕生時の戸籍性(肉体性)が女性でありながら、
性自認を男性と感じている人をFTMるんるん
その逆をMTFるんるんといいます。
私の場合はMTFと言うことですわーい(嬉しい顔)
おかま・おなべ・ニューハーフなどの俗語は
性同一性障害と異なるふらふら職業的な意味合いや
マイノリティに対する蔑称として適当ではありませんたらーっ(汗)
B医学的療法・・・
現在の日本では正規に一連の治療を行っている医療機関病院
埼玉医大・岡山大・札幌医大など数えるほどですたらーっ(汗)
しかも、その中には医療従事者の異動ー(長音記号2)により、
一部の治療が停止exclamationしている場合もあり、
現実的に全て※1の医療を現時点で実施手(チョキ)出来ており、
且つ、大きなトラブルが発生していない手(チョキ)のは、
札幌医大だけではないでしょうかわーい(嬉しい顔)

※1
 第一段階:カウンセリング
 第二段階:ホルモン投与及び乳房切除
 第三段階:性別適合手術(SRS)

長くなりますので今日はここまでわーい(嬉しい顔)


banner_02.gif
posted by 美咲 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。